はじめてのAGA治療〜プロペシアからハーグ療法まで

MENU

男性ホルモンが原因のAGAについて

日本全国で1,300万人近くが発症していると言われているAGAは男性ホルモンが原因となっています。

 

AGAを発症しやすい男性は男性ホルモンの量が多く、毛母細胞にダメージを与えて髪の毛の成長が阻害されるからこそ年齢を重ねることで少しずつ薄毛が進行していくのです。

 

とは言え、全ての男性ホルモンが原因となっているわけではなく、AGAとはDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっています。

 

・テストステロン
・DHT(ジヒドロテストステロン)
・アンドロゲン
・アンドロステロン
・アンドロステンジオン
・デヒドロエピアンドロステロン

 

上記のように男性ホルモンの種類は多く、テストステロンに関しては筋肉を作ったり性欲を増大させたりと男性にとって欠かせない働きを担っているのです。

 

精巣にある男性ホルモンの約9割はこのテストステロンで、分泌量が減少することで男性更年期障害(LOH症候群)を引き起こし性欲減退やED、うつ症状に繋がりやすいので注意しなければなりません。

 

しかし、「テストステロン」⇒「酵素の5αリダクターゼと結合」⇒「DHT(ジヒドロテストステロン)の産生」⇒「アンドロゲンレセプターとの結合」という流れでAGAを発症しやすくなります。

 

つまり、AGAの原因はテストステロン自体ではなく、酵素の働きによって産生されたDHT(ジヒドロテストステロン)なのです。

 

DHTは活性型の男性ホルモンと呼ばれており、発毛のサイクルに悪影響を与えるので一気に薄毛化が進んでいきます。

 

「AGAは男性ホルモンが原因」とイメージしている男性は多いかもしれませんが、これは半分正解で半分間違いといったところで、テストステロンではなくDHTの抑制を図らなければなりません。

 

AGAを発症している男性は頭皮全体ではなく前髪や頭頂部といった部位で悩んでいるケースがほとんどで、それは酵素の5αリダクターゼが前髪や頭頂部の毛乳頭や皮脂腺から分泌されるのが大きな理由です。

 

前髪⇒生え際がどんどん後ろに後退してアルファベットのM字のように薄毛が進行する
頭頂部⇒頭頂部のボリュームが薄くなってアルファベットのO字のように薄毛が進行する

 

この2種類のタイプの薄毛で悩まされている男性が多く、「テストステロン」⇒「DHT(ジヒドロテストステロン)」という変化を防ぐには酵素の阻害が効果的となっています。

 

その代表的な医薬品が内服薬のプロペシアで、AGA専門クリニックで処方されているので一度診察を受けてみてください。