はじめてのAGA治療〜プロペシアからハーグ療法まで

MENU

遺伝が原因のAGAについて

AGA(男性型脱毛症)は遺伝が大きな原因だと考えられており、生まれた時に将来的に抜け毛や薄毛が引き起こされるかどうかはある程度決まっています。

 

もちろん、遺伝が全ての原因だと言い切ることはできないものの、ハゲる要素を持っていない人は何をしても薄毛にならないので遺伝が占める割合が最も大きいのは事実です。

 

顔の形や目の色が親と子供で似るのとは異なり、AGAに関しては下記のような情報が受け継がれる特徴があります。

 

・テストステロンをDHTに変える酵素の5αリダクターゼの量が多い
・DHTの感受性が強くて影響を受けやすい
・アンドロゲンレセプターとDHTがくっ付きやすくて作用が強烈に出やすい

 

上記のように脱毛しやすい体質が親から受け継がれている可能性が高く、生まれたての赤ちゃんの段階で薄毛状態になっているわけではありません。

 

もう少し踏み込んで説明すると、私たちの遺伝子は塩基配列の「C」「A」「G」が存在し、アンドロゲンレセプターの感受性が高くてDHTの作用を受けやすいのはCAGリピートやGGCリピートが短い人だと判明しました。

 

CAGリピートは「C」⇒「A」⇒「G」と並び、GGCリピートは「G」⇒「G」⇒「C」という順番を指しており、この繰り返しが短いとAGAを発症してハゲやすいのです。

 

他にも、私たちの遺伝子の中にはデンセイホルモン受容遺伝子と呼ばれる種類が存在し、男性ホルモンと非常に深く関わっています。

 

この遺伝子を受け継いでいる男性は将来的にAGAを発症しやすく、頭頂部や前頭部といった特定の箇所の薄毛で悩まされやすいというメカニズムです。

 

このように聞くと、「遺伝によってAGAが引き起こされているのならば何も対策しようがないのではないか?」という疑問を抱える方が多いのではないでしょうか。

 

確かに、遺伝が占める割合が非常に高いのは事実ですが、抜け毛の症状が進行するかどうかは下記のような因子が複雑に絡み合っています。

 

・精神的なストレス
・ホルモンバランス
・栄養不足
・睡眠不足
・運動不足

 

ハゲやすい体質の男性が不規則な生活習慣を続けることにより、抜け毛や薄毛の症状が進行しやすいのです。

 

それに、遺伝が原因のAGAでも何も対処しようがないわけではなく、現在では酵素の働きを抑えてDHTを阻害する内服薬や血管拡張作用によって発毛を促す外用薬が登場しました。

 

日々の対策で薄毛の進行をストップさせたり毛根を刺激して新しい髪の毛を生やしたりするのは十分に可能なので、遺伝だからと諦めないでください。