はじめてのAGA治療〜プロペシアからハーグ療法まで

MENU

食べ物や食事によるAGAの対策について

 

「病院を受診して医薬品を使ったり専門的な治療を受けたりするだけでAGAを克服できる」と考えている男性は多いかもしれません。

 

確かに、AGAを治療するには内服薬のプロペシアを服用したり育毛メソセラピーを受けたりという処置が欠かせませんが、髪の毛の成長を促すにはバランスの取れた食事が必要不可欠となっています。

 

偏った食生活を続けることで成長が阻害され、AGAによる抜け毛の症状が悪化するケースも意外と多いため、毎日食べている食べ物の見直しは大事なのです。

 

特に、現代人は食生活の欧米化によって高脂肪高カロリーの食事に偏りやすく、下記のように毛髪と深く関わる栄養素が不足しやすいので注意した方が良いでしょう。

 

タンパク質:私たちの髪の毛の99%を構成しているケラチンと呼ばれるタンパク質からできている
ビタミン:ビタミンAは新陳代謝を促進し、ビタミンCは高い抗酸化作用を持っている
ミネラル:タンパク質の合成を促して髪の毛を作るサポートをしてくれる

 

上記の栄養素をバランス良く摂取するためには、緑黄色野菜や魚類、大豆類や果物類といった食べ物を食べなければなりません。

 

栄養バランスの悪い食事内容はAGAによる抜け毛の症状を悪化させるだけではなく、健康を害してありとあらゆる病気の引き金になります。

 

肉類や乳製品といった動物性食品、インスタント食品やファーストフード食品ばかり食べていると、男性ホルモンが過剰に分泌されて抜け毛の元凶となるDHT(ジヒドロテストステロン)が増えやすいので注意が必要です。

 

AGA対策に良い具体的な食べ物は何?

 

このページでは、AGA対策に良いと言われている具体的な食べ物を幾つか挙げているので、毎日の食生活の中でバランス良く取り入れてみましょう。

 

ほうれん草:酸素の運搬をスムーズにする鉄分で頭皮に栄養を行き渡らせる
大豆:良質な植物性タンパク質や男性ホルモンを抑制するイソフラボンが含まれている
ピーナッツ:髪の毛を作っている毛母細胞を活性化してくれる
牡蠣:髪質を保ったり5αリダクターゼを抑えたりする亜鉛が豊富に含まれている
レバー:動物性タンパク質やビタミン類など生きていくために欠かせない栄養素が多い

 

AGA(男性型脱毛症)は黙っていても治ることはなく、放置していると薄毛の症状は次第に悪化していきます。

 

そのため、医療機関を受診して治療を受けるのは必須ですが、食べ物の見直しは健康体の維持にも欠かせないので上記のような食品を意識的に食べてみてください。